> > 電源開発、洋上風力の実証研究を北九州市沖合で実施

電源開発、洋上風力の実証研究を北九州市沖合で実施

記事を保存

電源開発は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究事業として、福岡県北九州市の沖合で、洋上風力発電システム技術の確立に向けた「洋上風力発電システム実証研究」を実施する。

電源開発は、平成21年8月から平成26年2月にかけて、NEDOからの委託事業として、港湾空港技術研究所、伊藤忠テクノソリューションズと共同で、海域に洋上風況観測塔を設置し、風況、波浪等の気象・海象条件の把握などを行う「洋上風況観測システム実証研究」を行ってきた。

洋上風力発電システム実証研究は、洋上風況観測システム実証研究の実施海域に、ローター直径約83mの洋上風車を1基設置し、観測システムで得られる気象・海象等の観測データを活用しながら、着床式洋上発電設備の設計、施工、運転保守技術の開発と実証を行うとともに、当該設備が環境に与える影響について調査を行うもの。研究期間は平成23年8月から平成27年2月で、今後、必要となる許認可や系統連系等の準備を行う予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.