> > 電力制限令、9月初旬解除へ

電力制限令、9月初旬解除へ

記事を保存

経済産業省は、夏期の電力需給対策として、東京電力と東北電力の管内で実施している大口需要家などに対する電力の使用制限を前倒しで終了すると発表した。

東北電力管内・東京電力管内の需給バランスが改善していることや、被災地からの早期終了を求める声があることを踏まえて、東京電力管内の大口需要家に対しては9月9日(金)、東日本大震災と新潟・福島豪雨の被災地にある大口需要家に対しては9月2日(金)を最後に、電気の使用制限を終了する。東京電力管内では、当初の予定より2週間前倒しでの解除となる。

今後、残暑が戻る可能性もあるため、使用制限解除後も15%の需要抑制は努力目標として残す。気温も下がってくることから、国民生活や経済活動に支障がない範囲での節電への協力を呼び掛けている。

政府は、東京電力と東北電力の管内における今夏の電力需給対策として、工場など契約電力500kW以上の大口需要家に対して、前年比で対象期間・時間帯における使用最大電力の値(1時間単位)の15%削減を求めている。当初の対象期間は、東京電力管内が2011年7月1日~9月22日(平日)の9時から20時、東北電力管内が2011年7月1日~9月9日(平日)の9時から20時だった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.