経産省・国交省、2020年に向けた自動車の新燃費基準案を公表

  • 印刷
  • 共有

本案では、乗用自動車の新燃費基準について、2009年度の出荷台数ベースと比較して2020年度に24.1%の燃費改善を求めている。新燃費基準を達成した場合、乗用車における2020年度の燃費の推計値は20.3km/L。2009年度の実績値16.3km/Lと比べると24.1%、現行燃費基準(2015年度目標)の水準の17.0km/Lと比べると19.6%、燃費が改善されることになる。

現行燃費基準は、車両重量の区分毎に基準達成を求める重量区分別達成方式を採用しているが、更なる燃費向上には技術の高度化や高コスト化が進むことが想定されるため、2020年度燃費基準では、製造事業者等が個々の技術的な特質に応じた選択と集中を行うことで、全体として高い省エネ効果を期待できる企業別平均燃費基準方式(CAFE方式)を採用する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報