> > 経産省・国交省、2020年に向けた自動車の新燃費基準案を公表

経産省・国交省、2020年に向けた自動車の新燃費基準案を公表

記事を保存

本案では、乗用自動車の新燃費基準について、2009年度の出荷台数ベースと比較して2020年度に24.1%の燃費改善を求めている。新燃費基準を達成した場合、乗用車における2020年度の燃費の推計値は20.3km/L。2009年度の実績値16.3km/Lと比べると24.1%、現行燃費基準(2015年度目標)の水準の17.0km/Lと比べると19.6%、燃費が改善されることになる。

現行燃費基準は、車両重量の区分毎に基準達成を求める重量区分別達成方式を採用しているが、更なる燃費向上には技術の高度化や高コスト化が進むことが想定されるため、2020年度燃費基準では、製造事業者等が個々の技術的な特質に応じた選択と集中を行うことで、全体として高い省エネ効果を期待できる企業別平均燃費基準方式(CAFE方式)を採用する。

次世代自動車のうちハイブリッド車は、2010年度燃費基準、2015年度燃費基準と同様に、規制対象に含む。電気自動車とプラグインハイブリッド車は、その車種や販売量が少なく、基準値を策定するための技術的情報も不十分であることから、現時点では規制対象外とする。しかし、自動車の省エネを着実に推進するために、ガソリン乗用自動車等の基準達成判断において、製造事業者等の電気自動車等の導入への取組みを評価する仕組みを取り入れる。

2012年以降は、電気自動車等が普及拡大する環境が十分に整った時点で、ガソリン乗用自動車等と合わせて評価する手法も含め、改めて基準値の策定等について検討する。なお、両省では、本案について、パブリックコメントを実施し、最終案の審議に活かす。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.