> > NEDO、大規模蓄電システム開発プロジェクト6件を採択

NEDO、大規模蓄電システム開発プロジェクト6件を採択

記事を保存

NEDOは、2011年度新規プロジェクト「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」の助成先、委託先として、日本電気や三菱電機など8法人(6件)を採択した。

太陽光発電や風力発電等の再生可能エネルギーの大量導入時に、電力系統に生ずる影響を対策する有力な手段のひとつとして、蓄電池システムを用いた方法があげられている。

本プロジェクトでは、多用途展開や海外展開も見据えて、徹底した低コスト化、長寿命化、安全性を追求した蓄電ステムの開発と、大規模な定置用蓄電池に必要な劣化診断システムの研究開発を行う。この系統安定化用蓄電システムの開発を通して、日本の再生可能エネルギーの利用拡大に貢献するとともに、国際競争力の向上を図ることを目的としている。

具体的には、「余剰電力貯蔵」と「短周期の周波数変動に対する調整」を対象に、送電系統に接続する効率80%以上、蓄電規模数十MWh~数GWhを想定した蓄電システムの開発を実施する。また、系統安定化用蓄電システムが将来円滑に普及するために必要な取り組みを、共通基盤研究として行う。採択先は下記の通り。

系統安定化用蓄電システムの開発テーマ(助成先)については、「短周期周波数変動補償のためのネットワーク型フライホイール蓄電システムの開発」(サンケン電気)(今年度助成額9900万円)、「大規模蓄電システムを想定したMn系リチウムイオン電池の安全・長寿命化基盤技術開発」(日本電気、NECエナジーデバイス)(今年度助成額1億7600万円)、「安全・低コスト大規模ハイブリッド型蓄電システム技術開発」(日立製作所、新神戸電機)(今年度助成額1億600万円)、「低コスト・高性能リチウム二次電池を用いた大規模蓄電システムの研究開発」(三菱重工業)(今年度助成額2億3400万円)の4件が採択された。

共通基盤研究(委託先)については、「過渡現象を利用する大規模蓄電システムの非破壊劣化診断技術の開発」(同志社)(今年度委託額3200万円(予定))、「系統安定化用蓄電システムの劣化診断基盤技術の開発」(早稲田大学)(今年度委託額7500万円(予定))の2件が採択された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.