> > 積水化学工業、2010年度カーボンマイナスを実現

積水化学工業、2010年度カーボンマイナスを実現

記事を保存

積水化学工業と積水化学グループでは、CSR経営を推進していくための必要な要件を「環境」「CS品質」「人材」の3つの"際立ち"と、「コンプライアンス」「リスクマネジメント」「情報開示と対話」の3つの"誠実さ"と定めて取り組みを進めている。同社は、この度2010年度の取り組み事例と総括を発表した。

2010年度の取り組み事例は、大きく分けて3つ。1つ目としては、国内生産段階で発生するCO2をまかなうレベルのCO2削減効果を得たことにより、カーボンマイナスを実現。2つ目としては、CSRのグローバル展開を図り、海外5極での関係会社社長会を開催。3つ目としては、地域貢献活動として地域の防犯に向けた活動を実施した。

2010年度の環境貢献製品売上高は、太陽光発電システム搭載住宅の好調や環境貢献製品の品目増加によって3026億円に拡大。売上高比率は33%で、年度目標の27%を達成。2013年には売上高比40%以上を目指す。

温室効果ガス排出量削減については、1990年度比21%で、年度目標の14%を達成。環境貢献製品認定にあたっては、環境貢献製品制度の信頼性・透明性を高めるため、外部の環境に関する有識者からなる社外アドバイザリーボードを設置し、認定制度全体に対して助言・提案を受けている。2010年度は2回開催した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.