> > 日本IBMと凸版印刷、HEMSを用いて全国1,000世帯のエネルギー使用量を実測

日本IBMと凸版印刷、HEMSを用いて全国1,000世帯のエネルギー使用量を実測

記事を保存

凸版印刷は、環境省の「うちエコ診断検証事業」(平成23年度家庭エコ診断効果検証実測調査事業)を受託し、その検証事業を日本アイ・ビー・エムと共同で実施すると発表した。

「うちエコ診断」は、家庭のエネルギー使用状況の把握し、その実情に合わせた省CO2・省エネ対策を提案するサービス。本事業では、7月28日から全国の家庭約1000世帯を「うちエコモニター」として募集し、「うちエコ診断」の効果を検証する。

両社は、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を用いて、「うちエコ診断」を導入した約1000世帯の電力使用量などの実測データを収集・解析、このデータ解析をもとに各家庭のエネルギー使用状況のモデル化を図る。この分析をもとに、家庭での省CO2・省エネ行動を支援する新しい仕掛けづくりの検討・提案につなげていく考えだ。全国1000世帯を対象に、大規模なエネルギー使用量の実測が行われるのは初めて。

本事業では、住宅特性・所有家電・世帯構成や各地域(都市、郊外、農山村)等に対して網羅的にモニターを集め、各属性に応じたエネルギー使用モデルの構築を目指す。また、本事業に係わるHEMS製品・サービスは、複数のメーカー、サービス事業者、販売代理店からの提供を受け、マルチベンダー/マルチデバイスによるエネルギー使用データの収集体制の構築を図る。

本事業の業務実施機関として、モニターの募集から個人情報の管理までを担う事務局運営、HEMSの実測データを安全に管理する基盤システムの整備、受診前後の電力使用量の実測・集約・分析などを行う。

また、それらを通じて「うちエコ診断」の効果の定量化や診断ソフトの改善、診断・アドバイスの精度向上を図る。さらに、「うちエコ診断」の普及支援や家庭のエネルギー使用状況の大規模データベース活用の基盤整備を進めていく。

凸版印刷のセキュリティー管理下での大量個人データの安全運用、日本IBMの膨大なデータを高いセキュリティーにより統合・管理するITインフラの構築や高度な数値解析技術等が評価され、本事業の委託先に選定された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.