> > 経済産業省、節電に向け高機能繊維製品の普及事業を実施

経済産業省、節電に向け高機能繊維製品の普及事業を実施

記事を保存

経済産業省は、今夏に向けた日本全体の節電の取組「節電アクション」の一環として、節電に役立つ高機能繊維製品の普及・啓発アクション「COOLBIZTECH」事業を実施すると発表した。

本事業は、日本の繊維産業が得意とする「接触冷感」、「吸汗速乾」、「遮熱断熱」といった機能性繊維を活用した、衣服、肌着、インテリア用品、寝具など高機能繊維製品の普及・啓発を目的とするもので、具体的には東京都内の東京ミッドタウン(7月29~31日)、新宿高島屋(8月11日~15日)において、同製品の展示・体感イベントを実施する。また、「COOLBIZTECH」事業に協力する商品について、ポータルサイトで紹介する。

イベントでは、「衣」「住」の分野における高機能繊維製品に着目。ファッションからボディウエア、寝具、インテリア用品までを幅広い製品を集め、身につけることでの節電と涼しく快適に過ごす夏を提案する。

衣類を実際に着用したり、カーテン等のインテリア製品では通常の製品と比較したりできるスペースを設置するなど、その機能性を体感・理解できるよう様々な仕掛けを用意する予定だ。

国内では、2005年にクールビズが提唱されて以降、快適性を追求した高機能繊維が開発されている。同省では、こうした高機能繊維製品の普及は、節電への貢献だけでなく、繊維産業の活性化の観点からも重要であると位置付けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.