京セラなど 太陽光発電システム搭載のバス停を販売

  • 印刷
  • 共有

積水樹脂と京セラソーラーコーポレーション(KSC)は、バス停や駅前広場の日・雨よけなどに使われる街路施設に、太陽光発電システムとLED照明を採用したソーラー発電シェルター「エコシェル」を共同開発し、7月20日より販売を開始する。

本製品は、積水樹脂の多目的シェルターユニットの屋根部分に京セラの太陽電池モジュール(約1kW分)を、軒部分の照明にLEDを搭載。太陽光発電システムで発電した電力は、シェルター内の照明等だけでなく、同一の電灯契約をしている周辺の設備でも使用可能で、昼間の節電やCO2削減にも活用できる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報