> > 京セラなど 太陽光発電システム搭載のバス停を販売

京セラなど 太陽光発電システム搭載のバス停を販売

記事を保存

積水樹脂と京セラソーラーコーポレーション(KSC)は、バス停や駅前広場の日・雨よけなどに使われる街路施設に、太陽光発電システムとLED照明を採用したソーラー発電シェルター「エコシェル」を共同開発し、7月20日より販売を開始する。

本製品は、積水樹脂の多目的シェルターユニットの屋根部分に京セラの太陽電池モジュール(約1kW分)を、軒部分の照明にLEDを搭載。太陽光発電システムで発電した電力は、シェルター内の照明等だけでなく、同一の電灯契約をしている周辺の設備でも使用可能で、昼間の節電やCO2削減にも活用できる。

また、余剰電力を電力会社に売ることで、今夏の電力供給にも貢献する。さらに、災害時には、付属するパワーコンディショナの自立運転機能を活用することで、携帯電話の充電など非常用電源としても利用でき、LED照明により夜間の節電も実現する。

日本全国で本格化する節電対策や、環境配慮型の街づくりでの需要を見込む。全国の自治体や民間企業などに対して、用途を限定することなく、幅広く販売していく計画だ。基本構成セット(約1kW分の太陽電池を搭載)の価格は485万円(施工費別)。

KSCは、京セラの100%子会社で、太陽光発電システムの国内販売会社。積水樹脂とKSCは、本製品について、2009年より共同開発を行ってきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.