> > NEC、家庭用蓄電システムの企業向け販売開始

NEC、家庭用蓄電システムの企業向け販売開始

記事を保存

NECは、家庭内の電力を自動制御できる家庭用蓄電システムを商品化し、住宅メーカーなど企業向けに、7月18日から販売を開始すると発表した。

本システムは、リチウムイオン電池(容量6kWh)を搭載した電池部と、双方向パワーコンディショナーや通信モジュール等を備えた制御部からなる。家庭の分電盤と接続することにより、電力会社の電力供給システム(電力系統)や、家庭内機器、太陽光発電システムなどと連携し、双方向の自動電力制御を行うことができる。

これにより、太陽光発電の電気や、電気料金の安い夜間の電気を貯蔵し、その貯蔵した電気を昼間に利用すれば、ピーク時間帯における系統からの電気使用量の節減や、電気料金の削減を実現する。

また、本システムは無線通信機能の搭載により、システムの稼働・利用状況をリモートで把握できるため、住宅メーカーなど企業は、顧客に対して電力需給の「見える化」や光熱費削減のコンサルティングなどの新たなサービスの提供に活用することも可能だ。

日本国内では、節電対策として、電気使用量の削減や、昼間のピーク時の電力使用を抑えるピークシフトの取り組み、家庭への太陽光発電の大量導入が進められている。また、東日本大震災後は、家庭でも、災害や停電時に備えてライフラインとしての電力を確保するために、太陽光発電や蓄電池への関心が高まっている。

NECでは、そうしたニーズに応えるために、リチウムイオン電池技術と、ICTによる電力制御技術を融合するシステムとして、今回の商品化に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.