> > 三菱地所、都心部のオフィスで約30%の節電効果を実証

三菱地所、都心部のオフィスで約30%の節電効果を実証

記事を保存

三菱地所は、大手町・丸の内・有楽町地区の環境戦略拠点「エコッツェリア」の「次世代低炭素型技術実証オフィス」において、約1年間(15ヵ月)にわたり実証実験を行った結果、約30%の消費電力削減効果を実証したと発表した。

本実証オフィスでは、「LED知的照明システム」と「輻射空調システム」を世界で初めて複合導入した。これにより、照明・空調搬送・コンセントにかかわる年間消費電力は8061kWhとなり、標準的なオフィスに対し32%削減された。

LED知的照明システムでは、LED照明の採用のほか、就業者が各自の業務内容や体調、気分に合わせ、自由に照明の照度、色温度を操作可能とした。この結果、不必要な照度の削減・不在箇所消灯などにより、標準仕様の照明と比べて、約60%の消費電力削減が可能となった。また、本システムにより、節電効果と、執務中の快適性・知的生産性の両立を図れることが実証された。

オフィスビルでは、JIS規格で推奨値とされる机上照度750ルクスの照明が普及しているが、今回の実験では、就業者は350~450ルクスの照度、昼白色の蛍光灯(5000ケルビン)よりも温かみのある光色である3500~4200ケルビンの色温度を好む傾向があることがわかった。

輻射空調システムでは、天井と壁面に水を通す「輻射空調」を導入した結果、標準仕様比で40%以上の消費電力削減効果が得られた。送風主体の従来型空調に比べ、局所的温度差が抑えられるほか、均質で安定した空調環境が維持されること、また、実際の温度より体感温度が快適であるというメリットも確認された。

エコッツェリアは、三菱地所が大手町・丸の内・有楽町地区の環境戦略拠点と位置づけて、2007年5月に新丸の内ビル内に開設。エリア内の環境活動、ビル設備やインフラの高効率化・最適化などの環境技術を実証し、その効果を発表している。

オフィスの実証実験には、同志社大学(知的照明システム開発など)やシャープ・三菱電機照明(グリッド天井用LED 照明器具製造)などが参画する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.