> > LED電球販売数、月間で初めて白熱電球を上回るGfKジャパン調べ

LED電球販売数、月間で初めて白熱電球を上回るGfKジャパン調べ

記事を保存

ジーエフケーマーケティングサービスジャパンは、家電量販店店頭におけるLED照明(LED電球、LEDシーリングライト)の販売動向を発表した。

3月11日の震災以降、計画停電等による消費者の節電意識が高まったことから、東日本を中心にLED電球やLEDシーリングライトの需要が急伸。2010年下半期以降、LED電球の数量構成比は20%前後で推移していたが、2011年6月における数量構成比は43.5%となり、月間として初めて白熱電球を上回った。

特に関東・甲信越地区では、全国以上のペースで伸びており、5月、6月と2ヵ月連続で白熱電球を上回った。LED電球へのシフトは加速しており、7月第1週における全国の数量構成比は49.8%と約半数を占めた。

LED電球の平均価格動向をみると、3月以降ほぼ横ばいで推移していることから、今回の需要増加は価格下落ではなく、消費マインドの変化による側面が大きいと分析する。

LEDシーリングライトについては、節電意識の向上と、シャープと東芝の市場にパナソニックが参入するなどラインナップが拡充された結果、4月以降販売が急増し、6月では数量構成比15.8%に達した。また、6月の金額構成比は42.7%となり、金額ベースで初めて他管球シーリングライトを上回り、最多シェアとなった。関東・甲信越地区では数量構成比17.1%、金額構成比45.7%とLED電球同様、全国より高いポイントとなっている。

LEDシーリングライトの平均価格は約38000円と年初から約9%下落していることや、時間やシーンに合わせて明りの色味を調節できる調色機能を有したモデルの充実が、買い替えを後押している。夏季には再び電力不足が懸念されているため、電力消費を抑えることができるLED電球やLEDシーリングライトに対する需要は底堅いとみている。

また、LED小丸電球やLED蛍光管なども広がりをみせており、販売数量も年初以降増加傾向にあり、LED照明は今後、更に幅広く進展していくと予測する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.