> > 東芝 二次電池「SCiB」が三菱自動車の電気自動車に正式採用

東芝 二次電池「SCiB」が三菱自動車の電気自動車に正式採用

記事を保存

東芝 二次電池「SCiB」東芝は、同社の二次電池「SCiB」が、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」と「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」に搭載される電池モジュールとして、正式採用されたと発表した。

「SCiB」は、負極に同社独自のチタン酸リチウムを使用したSCiBセルを組み合わせた電池モジュールで、6000回以上の充放電が可能な長寿命性能、5分間での急速充電性能、-30℃の低温下での充電・走行性能、キャパシタ並みの入出力密度などの特長を持つ。三菱自動車にも車載用電池としての高い技術力が評価され、今回の採用に至った。

SCiBは、これまでに、ホンダのビジネスユース向け電動二輪車「EV-neo」、ホンダによるEVの実証実験車両、慶応義塾大学などが参画する電動フルフラットバス開発プロジェクト、沖縄県のマイクログリッドシステム用蓄電池、経済産業省が推進する「EV・pHVタウン」など多数の採用実績を持つ。

車載用電池としてのSCiBの性能評価では、電池の単位容量あたりの走行距離を示す指標である電費は、一般的なリチウムイオン電池の約1.7倍。そのため、搭載する電池容量を減らし、車両価格の低減につなげることができる。

また、一般的なリチウムイオン電池と比較すると、約半分の時間で充電が可能だ。電池容量10kWhのタイプを、急速充電規格「CHAdeMO」方式の最大電流で充電した場合、15分で電池容量の80%、10分で1/2、5分で1/4程度の急速充電が可能だった。充電時には、発熱量が少ないという特性により、電池モジュールを冷却するための電力を省くこともできる。さらに、SCiB電池モジュールの充電・走行(放電)の繰返し回数は、一般的なリチウムイオン電池と比較して2.5倍以上(セル単体は4000回)で、将来のリユース用途での利用も期待されている。

同社では、ハイブリッド車やEVなどのエコカー市場の拡大に伴い、グローバルな車載向けリチウムイオン電池市場は、2015年度には全体で約1兆円の規模になると予測している。このような中で、SCiB事業については、2015年度までに売上高8000億円を目指す。今年2月からは新潟県柏崎市のSCiB量産工場での生産も開始しており、EV向けSCiB事業の拡大を図っていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.