> > 東芝ライテック 業界初、停電時に補助LEDが点灯するLED照明を発売

東芝ライテック 業界初、停電時に補助LEDが点灯するLED照明を発売

記事を保存

東芝ライテックは、LED照明「E-CORE(イー・コア)」シリーズの新機種として、業界初の停電時にバッテリーで自動点灯する「バッテリー補助LED付きLEDシーリングライト」を7月15日より発売する。同製品は、従来からの調色・調光機能に加え、停電時に内蔵バッテリーで補助LEDが自動で点灯する機能を追加したのが特長。販売目標は、年間20000台。

同製品には充電タイプのバッテリーが内蔵されており、停電を検知すると、補助LEDが自動点灯する。また、通常の器具使用時にはバッテリーが充電され、充電中は緑色のLEDが点灯、充電が完了すると消灯するほか、バッテリーの交換時期が来ると、緑LEDが点滅する交換お知らせ機能がついている。さらに、照明の点灯、消灯がスムーズにできるように、手元用と常設用2種類のリモコンが用意されている。

明るさや光の色は、1~100%の明るさと21光色の組み合わせによる全304パターンから、リモコンで設定可能。取り付けについては、天井に引掛シーリングがついていれば、電気工事は不要だという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.