東芝ライテック 業界初、停電時に補助LEDが点灯するLED照明を発売

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

東芝ライテックは、LED照明「E-CORE(イー・コア)」シリーズの新機種として、業界初の停電時にバッテリーで自動点灯する「バッテリー補助LED付きLEDシーリングライト」を7月15日より発売する。同製品は、従来からの調色・調光機能に加え、停電時に内蔵バッテリーで補助LEDが自動で点灯する機能を追加したのが特長。販売目標は、年間20000台。

同製品には充電タイプのバッテリーが内蔵されており、停電を検知すると、補助LEDが自動点灯する。また、通常の器具使用時にはバッテリーが充電され、充電中は緑色のLEDが点灯、充電が完了すると消灯するほか、バッテリーの交換時期が来ると、緑LEDが点滅する交換お知らせ機能がついている。さらに、照明の点灯、消灯がスムーズにできるように、手元用と常設用2種類のリモコンが用意されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事