> > トヨタ 電気自動車・プラグインハイブリッド車向けの充電スタンドを発売

トヨタ 電気自動車・プラグインハイブリッド車向けの充電スタンドを発売

記事を保存

トヨタ自動車とトヨタメディアサービスは、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)向けに充電スタンド「G-Station(ジーステーション)」を共同開発し、7月上旬より販売を開始する。

同製品は200Vの充電スタンドで、非接触型ICカードで認証できるうえ、インターネットを介して、エネルギー管理システム「トヨタスマートセンター」にも接続可能。国内主要EV/PHVの充電方式に対応しており、トヨタ車以外も利用できる。2タイプあり、普及型のタイプAは28万円、高機能型のタイプBは44万8000円(それぞれ税別)。なお、タイプAは、インターネットに接続できる充電スタンドとしては、業界最安値だという。2012年末までに約3000台の販売を見込んでいる。

利用者は、充電完了の通知をメールで受け取ることができるほか、スマートフォンや携帯電話を通じてG-Stationの位置や空き状況を確認することができる。一方、設置者は、利用者ごとの使用履歴の確認、使用回数や時間に応じた課金、ポイント供与などができるほか、G-Stationの稼動状態を遠隔からモニターすることも可能。

また、トヨタのG-BOOK対応ナビやスマートフォン向けの情報サービスsmartG-BOOKでは、付近のG-Stationをナビ地図上に表示したり、目的地として設定することが可能。その他、トヨタスマートセンターを通じて、G-Stationの位置情報や空き状況の公開、一般の地図情報サイトへの掲載や市販ナビへの掲載もできるという。

トヨタの顧客向けIT事業会社であるトヨタメディアサービスは、今回、G-Stationの販売を担当。全国のトヨタ販売店に対してG-Stationを販売するほか、順次、ショッピングモールやファミリーレストランなどの集客施設にも販売を拡大する方針だという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.