> > 三菱マテリアル北九州市に都市ごみ焼却灰のセメント資源化施設を建設

三菱マテリアル北九州市に都市ごみ焼却灰のセメント資源化施設を建設

記事を保存

三菱マテリアルは、セメント事業カンパニー九州工場黒崎地区(北九州市)において、北九州市の協力を得て、2012年4月より「都市ごみ焼却灰のセメント資源化事業」を開始する。

具体的には、黒崎地区構内に「都市ごみ焼却灰のセメント資源化施設」を建設し、1日当たり約100トン、年間約3万トンの都市ごみ焼却灰を受け入れ、処理する計画。現在、都市ごみ焼却灰のほとんどは、自治体の埋立処分場で最終処分されていて、一部は高温で溶融スラグ化して資源化されている。

しかし、今後新たな埋立処分場の建設が難しくなるなか、埋立処分場の受入れ能力は逼迫しつつある。また、溶融スラグ化には多量のエネルギーが必要になるといった課題もある為、セメント工場が都市ごみ焼却灰を直接受入れ、原料として資源化利用することも可能だが、塩素濃度が高いためにキルン(窯)への投入量が制限される。

しかし、セメント資源化施設で前処理を行うことにより、大量の都市ごみ焼却灰の受入が可能になる。今回新設される「都市ごみ焼却灰のセメント資源化施設」は、同社が独自開発した技術により、焼却灰中に含まれる金属等を取り除く工程、水洗浄による脱塩工程、水処理工程の3工程で構成されている。

洗浄後の焼却灰は、同社の黒崎地区と苅田地区のセメント工場で通常のセメント原料と同様に資源化される。これにより、埋立処分から資源リサイクルへ切り替わり、埋立処分場の延命と循環型社会構築に役立つ。同事業は、セメント生産量では日本最大規模の九州工場で積極的に展開するが、将来的には黒崎地区での洗浄施設の規模を拡大し、数十万トン規模の都市ごみ焼却灰の資源化を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.