> > 東芝 蓄電池付太陽光発電システムを住宅メーカー向けに販売

東芝 蓄電池付太陽光発電システムを住宅メーカー向けに販売

記事を保存

東芝は、新築住宅メーカー向けに蓄電池付太陽光発電システムの販売を開始すると発表した。

本システムは、住宅用太陽光システムと鉛蓄電池を組合せたもので、太陽光で発電した電力を蓄電池に充電し、電力不足や災害などの停電時に生活に必要な電力を確保することができる。まず、三洋ホームズに対して、年間300棟分を販売する。今後、他の住宅メーカーへも販路を広げ、今年度は年間1000棟分の販売を目指す。

同社は、本システムの新築戸建住宅への搭載について、三洋ホームズと技術面での協議を重ね、今回の発売に至った。本システムは、世界トップクラスのセル変換効率21.5%を有する住宅用太陽光システムと、家電製品700W相当を約3時間動かすことが可能な2.1kwhの鉛蓄電池を標準搭載。蓄電池の容量は、増設バッテリーを使うことで拡張できる。

蓄電池への充電は、通常時は商用電源から行い、停電時には太陽光発電システムの自立運転モードで、発電した電力でも行える。これにより、電力会社からの電気(商用電源)が停電となった場合でも、生活に必要な電化製品を蓄電池で動かすことができるようにした。

国内の住宅用太陽光発電システムは、政府などの支援策等により普及が進み、市場規模は2010年度の4500億円から2015年度には8000億円になると予想されている。また、東日本大震災以降、節電対策や、停電時でも電化製品を利用できるシステムとして、蓄電池を備えた太陽光発電システムに対するニーズが高まっている。

同社は、本システムにより、電力のピークシフト対応などエネルギーの新しい活用の仕方を提案していく考えだ。本システムをベースにしたシステムを、宮城県、福島県、岩手県の避難所などに設置していく計画を示している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.