> > 東芝 使用電力量をリアルタイムで収集するクラウドサービスを発売

東芝 使用電力量をリアルタイムで収集するクラウドサービスを発売

記事を保存

東芝東芝ソリューションは、今夏の導入が検討されている総量規制に対応するソリューションとして、企業や組織全体の使用電力を自動集計し、リアルタイムで「見える化」する「使用電力見える化クラウドサービス」を発売する。

5月19日より本格的に営業活動を開始し、電力使用の大きい大口需要家などを中心に6月中旬から提供していく。料金は1サイトあたり月額36000円(税別)~の予定。今後、連携するセンサーの拡充や、設備機器の監視システムやエネルギー管理システムとの連携、継続的な需要抑制・省エネのためのより高度なエネルギーマネジメントシステムへの拡張などについても対応していく予定だ。

また、同社グループにおいても、東京電力と東北電力管内の約40拠点で本サービスを6月中旬から順次導入し、グループ全体でピーク電力削減を図る。本サービスの導入で6月末までに同管内のピーク時総電力の約9割をカバーすることを目指している。

本サービスは、各拠点に電力量計および電力センサー、ゲートウェイなどの計測ユニットを設置し、各拠点の電力使用量を1~30分周期で測定。インターネット経由でデータセンターに送信し、自動集計することにより、リアルタイムで企業全体での電力の使用状況を「見える化」するもの。計測ユニットを設置するだけでサービスが利用可能なため、迅速に導入することができる。また、施設内の分電盤やコンセント単位の細部の計測から、ビルや工場・各種施設の電気設備との接続による大型の計測まで、様々な計測手段を用意している。

今夏、各企業や施設ではピーク電力使用時における電力使用量の削減が求められている。こうした状況の中、複数拠点の電力使用の状況を一括管理し、きめ細かく「見える化」することで、組織全体の電力使用量削減の影響を最小限に抑える対策の重要性が増している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.