> > 京都大学・富士通 スマートコンセントを利用した省エネを開始

京都大学・富士通 スマートコンセントを利用した省エネを開始

記事を保存

京都大学と富士通は、業界最小クラスの電力センサー内蔵のスマート電源タップ(スマートコンセント)を活用したエネルギーマネジメントに関する実証実験を開始した。

今回の共同研究では、スマートコンセントの技術を活かし、機器や人単位での電力消費の見える化や、個人への省エネ(節電)への意識改革を行うなど、活用領域を省エネ以外にも広げた、新たなエネルギーマネジメントの構築に向けた実証実験を行う。実施期間は2011年4月~2012年3月の1年間。今回の実証実験により、京都大学の実証実験エリアでは年間10%のエネルギー使用量と温室効果ガス排出量削減を目指す。

具体的には、京都大学の本部がある吉田キャンパスに、スマートコンセント約150台を設置。1台のスマートコンセントに4つのコンセントを接続できるため、最大で約600台のOA機器や情報家電を接続し、コンセント単位のエネルギーデータを収集する。収集したエネルギーデータから個人や機器ごとのエネルギー利用状況を把握し、利用者の業務や行動などの比較から、エネルギー利用状況を解析する。

解析をもとに、エネルギーの「ムリ・ムダ・ムラ」の削減方法や、ピーク電力の削減方法を研究する。また、収集したエネルギーデータから把握した人の行動パターンをもとに、ワークスタイルやライフスタイルの変革や、安心・安全といった分野へ応用につながる手法を開発し、人々の生活とエネルギーを結ぶエネルギーマネジメント基盤の構築を図る。

京都大学では、全キャンパスでのエネルギー使用量と温室効果ガス排出量について、毎年の設備改修により単位面積当たり年間1%、研究室での環境配慮行動により年間1%で、合計2%の削減、5年間で10%削減を目標に掲げている。なお、今回使用するスマートメーターは、富士通研究所と富士通コンポーネントが開発したもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.