> > 三菱電機 鎌倉市「大船スマートハウス」でスマートグリッドの実験開始

三菱電機 鎌倉市「大船スマートハウス」でスマートグリッドの実験開始

記事を保存

三菱電機は、神奈川県鎌倉市に建設した「大船スマートハウス」で、スマートグリッドに対応したHEMS(HomeEnergyManagementSystem)の実証実験を2011年5月から開始する。この実験を通じ、さらなる節電やピークシフトを実現するとともに、居住者の安全・安心を提供するシステムの早期実用化を図る。

大船スマートハウスには、同社製の太陽光発電システム、エコキュート、ヒートポンプ温水床暖房などの自然エネルギー活用機器、LED照明などの省エネ機器、電気自動車、蓄電池を設置。また、これらの機器を統合的に制御するHEMS、宅外システムとの連携のためのホームゲートウェイを導入する。

実証実験では、生活パターンに基づく節電・ピークシフト制御、自然エネルギー(太陽光、太陽熱、自然風)を最大限活用したゼロエミッション制御システム、生活パターンの変化の検出により居住者の安全・安心を見守るシステムなど、暮らしに対応したシステムの開発・実証を行う。

同社では、2010年5月から、大船スマートハウスのほか、尼崎地区(兵庫県尼崎市)と和歌山地区(和歌山県和歌山市)にてスマートグリッド実証実験の準備を進めてきた。今後、大船スマートハウスでの実証試験の成果を、スマートグリッド実証全体で展開し、基幹系(作る)・配電系(配る)・需要家(使う)に至るスマートグリッド全系統における技術の早期確立と製品化を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.