> > 三菱化学・パイオニア 塗布型有機ELで世界最高レベルの発光効率達成

三菱化学・パイオニア 塗布型有機ELで世界最高レベルの発光効率達成

記事を保存

三菱化学とパイオニアは、発光層を塗布プロセスで成膜した有機EL素子で、世界最高水準の発光効率と寿命を達成したと発表した。

有機EL素子の電極の間の層は、「上引き層」「発光層」「下地層」の3層で構成される。三菱化学が今年7月に販売開始する有機EL照明パネル光源モジュールは、下地層に塗布成膜プロセス、発光層に蒸着成膜プロセスを用いて量産する予定だ。しかし、今回開発した、発光層にも塗布成膜を用いた有機ELにより、さらなる低コストと高性能を実現できる見込み。両社は2014年までの本格事業化に向け、共同検討をさらに推進していく考えだ。

有機ELパネルは、一般的に蒸着成膜プロセスによって製造されている。しかし、塗布成膜プロセスのほうが、広面積で欠陥のない均一発光面を低コストで量産することができる。そのため、有機ELパネルで特に重要となる発光層について、塗布プロセスで成膜することが求められているが、これまでの開発では発光効率が低く、寿命が短いという課題があった。そこで両社は、三菱化学の研究開発子会社である三菱化学科学技術研究センターとともに、2010年1月より、塗布型発光材料を用いた照明用有機ELパネルの共同開発を進めてきた。

今回、開発に成功した有機EL素子では、三菱化学の開発した独自の塗布型発光材料を用いて、三菱化学とパイオニアが共同で素子設計と塗布成膜プロセスを最適化し、白色輝度1000cd/m2における発光効率が52lm/W、初期輝度1000cd/m2における輝度半減寿命20000時間と、世界最高レベルの高効率と長寿命の両立に成功した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.