東大・大塚商会 LED照明導入で62%の消費電力削減を実証

  • 印刷
  • 共有

東京大学の東大グリーンICTプロジェクト(GUTP)は、東京大学構内の照明蛍光灯をLED照明に置き換え、消費電力を約62%削減したと発表した。

今回の取り組みでは、大塚商会が4月1日よりGUTPに参画し、LED照明を提供した。具体的には、東京大学工学部2号館で使用中の省エネタイプの照明1046個をLED照明に置き換え、消費電力を計測した。その結果、消費電力は、省エネタイプ照明の11700Wに対してLED照明では4400Wとなり、62%の削減となった。明るさや空間の雰囲気に違和感はなかったという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事