> > 東大・大塚商会 LED照明導入で62%の消費電力削減を実証

東大・大塚商会 LED照明導入で62%の消費電力削減を実証

記事を保存

東京大学の東大グリーンICTプロジェクト(GUTP)は、東京大学構内の照明蛍光灯をLED照明に置き換え、消費電力を約62%削減したと発表した。

今回の取り組みでは、大塚商会が4月1日よりGUTPに参画し、LED照明を提供した。具体的には、東京大学工学部2号館で使用中の省エネタイプの照明1046個をLED照明に置き換え、消費電力を計測した。その結果、消費電力は、省エネタイプ照明の11700Wに対してLED照明では4400Wとなり、62%の削減となった。明るさや空間の雰囲気に違和感はなかったという。

GUTPは、消費電力削減による地球環境保全と活動環境の改善を目的としたプロジェクト。産官学の協力のもと、東京大学構内に、施設に関する様々な機器・機器管理システムを導入し、実証実験を行っている。

LED照明については、消費電力の低い機器として実証の検討を進め、機器の選定や設置を含めて協力企業を模索していた。大塚商会は、自社のほか、様々な企業・団体にLED照明の導入実績があり、環境分野におけるICT機器やシステムの導入など総合的なソリューションの提供実績やノウハウが評価されて、今回、GUTPへの参画に至った。

GUTPは、今夏の節電対策にも積極的に取り組んでおり、省エネツールの1つとして同学他施設へLED照明の設置を展開していく方針だ。また、大塚商会は、同大学の節電への対応の発表を受け、本部棟にLED照明を寄贈した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.