> > ヤフー 電気の使用状況が予測できる「電気予報」を公開

ヤフー 電気の使用状況が予測できる「電気予報」を公開

記事を保存

ウェブサイト「Yahoo!JAPAN」を運営するヤフーは、Yahoo!JAPANのトップページや「節電情報」ページなどにおいて、電力の使用状況が予測できる「電気予報(ベータ版)」の公開を始めた。

今後、夏の電力消費ピークに向け、企業や家庭にできる限りの節電が求められる中、すでに提供している「東京電力の電力使用状況メーター」と、「電気予報(ベータ版)」を組み合わせて、効率的で適切な節電対策に利用できるサービスとして提供する。

「電気予報(ベータ版)」は、東京電力発表の使用状況グラフの実績や、日本気象協会発表のデータなどをもとに、同社が独自の集計方法で算出したもので、「向こう24時間の推定電力使用状況」と「1週間先までの推定最大電力使用時間帯および使用率の予想」の情報を提供している。

同社では、東日本大震災後の3月22日より、東京電力発表の使用状況の情報をグラフ化した「東京電力の電力使用状況メーター」を掲載してきた。本メーターでは、供給能力に対しての使用量をグラフによって可視化している。しかし、"現在の使用状況"という実績に基づくため、リアルタイムでの情報提供が難しく、情報掲載に際して最大で1時間20分程度の遅れが生じていた。そこで、同社では利用者がより効率的な節電準備ができるサービスの提供を目指し、今回、「電気予報(ベータ版)」の公開に至った。本サービスは、Yahoo!デベロッパーズネットワークでAPIの公開も開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.