三菱重工 リチウムイオン電池を蓄電・非常用としてマンションに納入

  • 印刷
  • 共有

三菱重工業は、環境調和型のエコマンション向けに、蓄電・非常用として、リチウムイオン二次電池を使った定置用蓄電池システムを納入すると発表した。

納入先は、三井不動産レジデンシャルがエコマンションのフラッグシップモデルとして、東京都国分寺市に建設している「パークシティ(ParkCITY)国分寺」(331戸)。本システムは40kWhの大きな蓄電容量を備え、屋上に設置された太陽光発電システムで発電される電力を蓄電し、夜間の各共用部に供給する。また、万一の災害時などに電力会社からの送電が途絶えても、この蓄電機能により最大40kWh相当の電力を供給することができる。また、本システムは、コンパクト設計で高い出力を長時間供給可能なことも特長で、双方向コンバータはニチコン製を採用している。同社のリチウムイオン二次電池が集合住宅に採用されるのは初めて。納入は9月を予定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事