> > 三井化学など 世界初、エチレンプラントでLNG冷熱利用による省エネ

三井化学など 世界初、エチレンプラントでLNG冷熱利用による省エネ

記事を保存

三井化学と、100%子会社の大阪石油化学(OPC)は、大阪ガスと共同で、地域連携により、エチレンプラントにおいて、世界で初めて大規模にLNG(液化天然ガス)冷熱を利用した省エネルギー化プロセスの導入に成功したと発表した。

本事業では、大阪ガス泉北製造所第一工場から-160℃のLNGをOPCのエチレンプラントへ受け入れ、LNGが保有する冷熱を効率的に回収利用するプロセスを開発。昨年10月から本プロセスの運用を開始し、今回、実運用下でのCO2削減効果を確認した。本事業により、OPCのエチレンプラントでは、CO2排出が年間約3.8万トン削減できる見込み。

OPCのエチレンプラントでは、ナフサ(粗製ガソリン)などを熱分解してエチレン、プロピレンなどの基礎原料を製造している。その製造工程の一部では、各成分を分離精製するために、大型冷凍機で製造した大量の冷熱を使用していた。一方、近隣の大阪ガスの工場では、以前から約80%のLNG冷熱を液化窒素・ドライアイスの製造などに利用しており、さらにLNG冷熱を有効に活用する方法を検討していた。そこで、3社でLNG冷熱の有効活用を協議し、本事業の実施に至った。

本事業では、大阪ガスの工場のLNG冷熱利用率100%を達成するとともに、OPCのエチレンプラントにおいて、既存の大型冷凍機の負荷の大幅低減を可能とした。また、本事業は、NEDOの「エネルギー使用合理化事業者支援事業」における複数事業者の連携事業として採択され、2011年1月に完了した。

LNGとは、気体である天然ガスを超低温(-160℃)に冷やすことで液体にしたもの。LNGは、この超低温に由来する冷熱エネルギーを持っている。LNG冷熱とは、LNGが蒸発して天然ガスに戻る時に周囲から熱を奪い冷却する能力をいう。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.