> > 富士経済 LED照明関連製品の国内市場は10年で3.7倍に拡大

富士経済 LED照明関連製品の国内市場は10年で3.7倍に拡大

記事を保存

富士経済は、LED照明など光源・照明市場の調査結果を発表した。LED照明関連製品の国内市場は、省エネニーズの高まりと製品の低価格化、改正省エネ法の施行により、大幅に拡大している。2010年の同市場は導入期から成長期へシフトし、前年比2.7倍の865億円となった。中でも、LED照明器具では白熱灯代替形のダウンライトが、LED管球ランプでは白熱電球代替形のLED電球が、それぞれ前年比3~4倍以上と大幅に増加した。

また、LED蛍光灯は、2010年10月に日本電球工業会が規格を制定したことを受け、パナソニック電工と東芝ライテックが同規格に準拠した製品を発売し、今後本格的に市場が拡大していく見通し。LED蛍光灯(蛍光灯代替形)市場は、2010年は前年比1.1倍の33億円だが、2020年には2010年比約7.4倍の243億円になると予測する。

LED照明関連製品全体の国内市場は、今後も着実な成長を遂げて、2020年には2010年比約3.7倍の3180億円の市場となると予測する。

LED照明器具市場について、照明器具全体に占めるLED照明器具の金額ベースのシェアを見ると、2010年に13.9%となり、前年の4.9%から大幅に増加した。同市場の70%以上を占めている白熱灯代替形が、前年比3.6倍となり拡大を牽引した形だ。2010年は、LED蛍光灯の規格制定を受け、主照明向けの蛍光灯代替形LED照明器具のほか、住宅照明のシーリングライトが市場に登場した。2020年には2010年比3.8倍の2340億円の市場になると予測する。

LED管球ランプ市場では、管球ランプ全体に占めるLED管球ランプの金額ベースのシェアは、2010年に8.2%となり、前年の3.5%の2倍以上となった。中でも急速な低価格化により、全体の70%以上を占める白熱電球代替形の需要が大幅に増加した。2010年は蛍光灯代替形であるLED蛍光灯の市場が本格的に拡大していく見通し。ハロゲンランプ代替形やHIDランプ代替形が発売されるなど、LED管球ランプの裾野が広がりつつある。2020年には2010年比約3.8倍の792億円の市場となる見込み。

LED管球ランプの注目市場として、LED蛍光灯(蛍光灯代替形)とともにLED電球(白熱電球代替形)をあげる。2010年のLED電球市場は、エコポイント制度の対象となったことなどにより、前年比4.3倍の151億円と拡大した。しかし、長寿命であるため、交換需要がほとんどないことから今後の成長は鈍化し、2020年の市場は2010年比2.3倍の345億円に留まるとの見通しだ。

可視光ランプ、赤外光/紫外光ランプ、LEDパッケージ、有機ELなど、光源の世界市場は、景気後退の影響を受けた2009年の反動もあり、2010年は前年比1.1倍の4兆5505億円にとどまった。2020年は2010年比約1.4倍の6兆2836億円となる見通し。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.