> > 三洋電機 徳島県の多機能防災システム向けに太陽電池と二次電池を納品

三洋電機 徳島県の多機能防災システム向けに太陽電池と二次電池を納品

記事を保存

三洋電機 徳島県の多機能防災システム三洋電機は、徳島県が開発を進めている「多機能防災システム」向けに、世界最高トップクラスの変換効率を有するHIT®太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池システムを納入したと発表した。本システムは、徳島県立工業技術センターなど徳島県内の県営施設に3台設置され、3月31日より稼働している。

「多機能防災システム」とは、太陽電池、蓄電用リチウムイオン電池、LED照明、LEDディスプレイを組み合わせたもので、災害時には災害情報の表示のほか、非常用電源として携帯電話や充電池の充電などに、また、通常時には夜間照明やイベント時の簡易電源、施設案内の表示などに利用できる。同社の得意とする創エネ(太陽電池)・蓄エネ(二次電池)技術に、徳島県の研究機関、企業、大学などの保有する技術を融合したシステムだ。

太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池システムを組み合わせることで、夜や雨の日、停電時でも商用電源を使うことなく、システムの稼働を可能とした。また、太陽電池の出力が不足する場合は、安価な夜間電力で蓄電用リチウムイオン電池を充電することにより、安定的にシステムを利用できる。緊急時の携帯電話などの外部機器への電源供給は、蓄電用リチウムイオン電池システムに搭載したACコンセントから行えるようにした。

徳島県には三洋電機のリチウムイオン電池の主要拠点があることから、同県では同社を中心とする産学官連携プロジェクト「徳島県次世代エネルギー活用促進研究会」を立ち上げ、リチウムイオン電池などを活用した地域産業活性化に取り組んでいる。その取り組みの一環として、三洋電機が2009年3月徳島県庁内に「ソーラー駐輪場」を、研究会が2010年3月徳島大学に「多機能防災システム」1号機を、徳島県庁に「LED内照式道路標識」を設置している。「多機能防災システム」については、ワーキンググループを立ち上げて開発を進めてきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.