三洋電機 徳島県の多機能防災システム向けに太陽電池と二次電池を納品

  • 印刷
  • 共有

三洋電機 徳島県の多機能防災システム三洋電機は、徳島県が開発を進めている「多機能防災システム」向けに、世界最高トップクラスの変換効率を有するHIT®太陽電池と蓄電用リチウムイオン電池システムを納入したと発表した。本システムは、徳島県立工業技術センターなど徳島県内の県営施設に3台設置され、3月31日より稼働している。

「多機能防災システム」とは、太陽電池、蓄電用リチウムイオン電池、LED照明、LEDディスプレイを組み合わせたもので、災害時には災害情報の表示のほか、非常用電源として携帯電話や充電池の充電などに、また、通常時には夜間照明やイベント時の簡易電源、施設案内の表示などに利用できる。同社の得意とする創エネ(太陽電池)・蓄エネ(二次電池)技術に、徳島県の研究機関、企業、大学などの保有する技術を融合したシステムだ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事