> > セブン-イレブン 電力不足対策として、6,000店舗で約25%の節電

セブン-イレブン 電力不足対策として、6,000店舗で約25%の節電

記事を保存

セブン-イレブン・ジャパンは、今夏の電力不足問題に対応するため、セブン-イレブンの店舗において、店内照明・店頭誘導看板などのLED化をはじめ、太陽光パネルやスマートセンサーの設置などにより電力使用量を約25%削減する自主行動計画と削減目標を発表した。5月から対象店舗において設備の入れ替えや工事を開始し、7~9月にかけて空調やチルドケースの温度設定の見直しを実施、昨年夏季比で電力使用量約25%削減を目指す。

本対策は東京電力管内の約6000店舗と東北電力管内の一部の店舗を対象に実施する。東京電力管内では、1店舗における1日の電気使用量は約480kWh。具体的な対策と削減目標は以下の通り。

店内照明・店頭誘導看板のLED化は約5000店舗、太陽光パネルの設置は約1000店舗、旧型設備の省エネタイプへの入替は約2000店舗で実施し、これにより1店舗あたり約50kWh(約10%)の削減を見込む。

スマートセンサーは約6000店舗に導入し、その後も順次導入店舗の拡大を図る。これにより1店舗あたり約50kWh(約10%)の削減を見込む。スマートセンサーは、店内機器の電力使用量を把握するセンサー。同社は昨夏より一部店舗において、産業技術総合研究所、東京大学、NECと連携し、スマートセンサーを活用した実証実験を行い、本機器により設備の使用上における問題等を把握・是正することで、電気使用量を約1割削減できたという実績を得ている。

その他、標準的な節電対策として、店頭看板の消灯、チルドケース・空調の温度設定の見直しなどにより、約6000店舗で1店舗あたり約25kWh(約5%)の削減を見込む。合わせて、従業員のユニフォームをクールビズのポロシャツタイプに変更する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.