> > ヤマダ電機・ウエストHD 家庭用リチウムイオン蓄電池を発売

ヤマダ電機・ウエストHD 家庭用リチウムイオン蓄電池を発売

記事を保存

ヤマダ電機とウエストホールディングスは、家庭用リチウム蓄電池を4月15日より販売すると発表した。

今回販売するのは、エジソンパワーが製造した家庭用リチウム蓄電池「EStocker」で、1000Whと2500Whの2種類。ポータブルタイプで、家庭用コンセントからも充電ができる。

1000Whは重さ11kgで、3時間でフル充電し500Whの出力ができる。使用の機種・条件によって異なるが、一般的な家庭用省エネタイプ500L(約200Wh)の冷蔵庫で約5時間、32型液晶テレビで約6.5時間、LED電気スタンドで100時間程度使用できるという。希望小売価格(税込)は、1000Whが87万30円、2500Whが189万円。今後は大容量の商品開発も行っていく考えだ。

震災や計画停電などの影響を受け、家庭用蓄電池への関心が高まっている。ヤマダ電機とウエストHDは、太陽光発電システム・オール電化の販売において業務提携しており、これまでに太陽光発電システム、電気自動車、エコキュート、オール電化などの環境・省エネ対策商品を展開している。家庭用リチウム蓄電池の販売もその一環。エジソンパワーは、1991年の設立のベンチャー企業で、電気自動車やリチウムイオン電池の開発・販売などを行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.