> > 新神戸電機 夜間に蓄電、日中給電できる電力貯蔵システム事業を強化

新神戸電機 夜間に蓄電、日中給電できる電力貯蔵システム事業を強化

記事を保存

新神戸電機は、東日本大震災以降深刻化する電力不足に対応するため、電力貯蔵システム「Seflaシステム」の事業を強化する。

Seflaシステムは、電力貯蔵用蓄電池(LL形鉛蓄電池やリチウムイオン電池など)と、直流と交流を双方向に変換できる双方向電力変換器(PCS)で構成され、電力系統に連系して電力を供給するシステム。同社は、本システムについて、2000年より企業の省エネとコスト削減を支援するESCO用途として事業化してきた。今回、本システムに着目し、供給余力のある夜間電力を蓄電池に貯蔵、需要が逼迫する昼間に給電することで、昼間の電力需要の引き下げと事業活動の維持を同時に実現していく手段として、新たに提案していく。

電力不足対策用途のSeflaシステムには、停電時の再起動が可能なように自立運転機能を付加するとともに、スケジュール運転機能を追加し、計画停電に備えた効率運用が可能なシステムとした。同社は、Seflaシステムをスマートグリッドの一部として機能できるようにインターフェースを準備中で、電力不足が緩和された後でBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)、FEMS(ファクトリーエネルギーマネジメントシステム)のキーシステムとして使用できる。電力不足だけでなく、環境対策にも効果的なシステムとして、工場設備用途だけではなくオフィスビル用途にも提案を強化していく予定だ。

同社は、2009年より大規模風力発電の電力貯蔵用途に数MW級の長寿命LL形鉛蓄電池(LL電池)の納入を開始している。Seflaシステムの自社事業の立ち上げとともに、同様のシステムを計画する電源メーカーにもLL電池やリチウムイオン電池を供給していく。3月には名張事業所(三重県名張市)に風力発電など新エネルギー発電用途として、LL電池の専用製造ラインを増強した。また、1月から産業用大容量リチウムイオン電池の生産拠点を埼玉事業所から名張事業所へ移管作業を行っているところで、4月以降は名張事業所で量産設備の稼働を開始する。

同社では、2003年より水処理施設に非常用発電機の機能を持たせたSeflaシステムを納入し、停電対策用途のシステム稼働実績を持つ。PCSは3相200Vまたは400Vの構内電力系統に連系し50kW~400kWまで5機種の容量だが、顧客のニーズに応じて、大規模な容量にも対応する。また、給電時間は、蓄電池の容量を変えることにより停電時間に合わせて選択できる。住宅蓄電用途では、太陽光発電と組み合わせた3kWの蓄電システムも開発済みで、群馬県太田市でNEDOの実証設備として550戸の住宅に設置した実績を活かして、事業化を計画している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.