富士経済 住宅用太陽光発電システム市場は170%以上の伸びで成長

  • 印刷
  • 共有

富士経済は、国内の住宅設備・建材市場の調査結果を発表した。2010年の同市場は2009年比6.7%増の4兆6840億円となる見込み。内訳は、住宅設備が前年比108.2%の2兆7025億円、建材が前年比104.7%の1兆9815億円となっている。

調査対象の住宅設備6分野と建材6分野のうち、9分野が前年を上回った。特に創エネ分野は前年比159.7%と増加率が高く、住宅用太陽光発電システムは、2009年の補助金制度復活後、拡大基調が続いており、勢いがある。空調設備や給湯器も堅調で、空調分野では2010年夏の猛暑でルームエアコンの販売が好調であったこと、給湯器分野では、ヒートポンプ式給湯器が補助金制度や電力会社・家電量販店での販売強化が効果的であったことを要因としてあげている。また、住宅エコポイント制度の創設や次世代省エネルギー基準対応などにより、建材市場は断熱分野が拡大し、屋根材・外装材や外部建具などが前年を上回っている。増加傾向にある分野と品目を見ると、国の補助金制度などの各種施策が追い風となっている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報