> > シムドライブ EVの先行開発車で航続距離333kmを達成

シムドライブ EVの先行開発車で航続距離333kmを達成

記事を保存

電気自動車(EV)ベンチャーのシムドライブは、EVの先行開発車第1号「SIM-LEI」を完成させた。

「SIM-LEI」は、日本における標準的な市街地走行モード(JC08モード)において、航続距離333kmを達成。この性能を得るための電池の容量は、既に市販されているEVの電池容量とほぼ同じ24.9kWhで、交流電力消費率は77Wh/km。これは、ガソリンでの燃費に換算すると70km/Lに相当する。

本事業は、三菱自動車や東京電力、岡山県など34の企業・団体と連携し、2013年頃に量産化が可能となる先行開発車の試作を目指して、2010年1月19日~2011年3月31日までの期間で行われた。性能としては、EVの普及で課題となっている航続距離300km以上を目標とした。「SIM-LEI」は、シムドライブの独自技術である、「インホイールモータ」と「コンポーネントビルトイン式フレーム」を基盤に、オール鋼鉄製モノコックボディーによる車体の軽量化、高パワー密度電池の利用による回生エネルギーの高効率回収、超低転がり摩擦抗タイヤによる転がり摩擦の低減、超低空気抵抗ボディーによる空気抵抗低減などの効果により、航続距離を大幅に伸ばした。

シムドライブは、慶應大学発のベンチャー企業。様々な企業と連携し、「SIM-Drive(シムドライブ)」を搭載したEVの開発を手掛けている。そのコアとなる技術が、車輪の中にモータを内蔵させて車体の軽量化や動力伝達のロスの抑制を図る動力システム「インホイールモータ」と、床下に電池やインバーター等、主要部品を内蔵させる「コンポーネントビルトイン式フレーム」だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.