> > 森下仁丹など バイオカプセルを利用したレアメタル回収技術を実用化へ

森下仁丹など バイオカプセルを利用したレアメタル回収技術を実用化へ

記事を保存

森下仁丹は、レアメタルや希少貴金属の効率的な回収が可能なバイオカプセルについて、大阪府立大学大学院・長瀬産業と共に実用化プロセスの開発事業に着手したと発表した。

森下仁丹は、この技術について、合成高分子樹脂を皮膜とするシームレスカプセル技術応用の一環として開発に取り組んできた。その成果として、独自のカプセル内部に吸着剤や特定の微生物を高濃度で保持させ、効率的に非鉄金属イオンを取り込むことに成功。去年11月に大阪府立大学と本技術の特許を共同出願した。

今回の開発事業では、実用化に向けて、本技術をより具体化させるのが狙い。従来のように大量の薬品を使用せず、また低エネルギー・低コストで環境負荷を低減した、選択的なレアメタル回収プロセスの実用化を目指す。本プロセスの開発により、これまで廃棄されていた都市鉱山や工業排水などから希少金属の回収が可能となり、日本の海外資源依存率の低減につなげることができるという。なお、本事業は、NEDO公募の「希少金属代替・削減技術実用化開発助成事業」に採択されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.