> > INAX 新素材「保水セラミックス」を用いて太陽電池を冷却

INAX 新素材「保水セラミックス」を用いて太陽電池を冷却

記事を保存

INAXは、新環境素材「保水セラミックス」を用いて太陽電池を冷却し、発電効率の向上を図るシステムについて、2011年3月より「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」にて実証研究を開始すると発表した。本研究は、同社が研究開発中の「保水セラミックス」の新規用途開発として、2010年5月より大同大学(愛知県名古屋市)と共同で行ってきたもの。

現在主流の結晶シリコン系太陽電池は、表面温度が上昇すると発電効率が低下するという特徴がある。特に日射量の多い夏季には、太陽電池の表面温度が50~60℃になり、定格発電量に比べて10%以上低下する場合もある。大同大学では、本課題の解決策として、間隔をおいて水を流す間歇水冷により、太陽電池の発電効率を向上させる実験を行い、その有効性を実証した。

また、「保水セラミックス」は高い保水性能と蒸発性能を有するため、これを表面温度が約50℃の太陽電池パネル裏面に設置すると、その保水・蒸発作用により、温度が約10℃低下するという実験結果を得た。そこで両者は、効率的に太陽電池を冷却し発電効率を向上させるため、共同で本研究に着手。今回、愛知県が新エネルギー関連産業の振興を図るため、最先端技術の実用化を推進する研究開発拠点として整備した「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」で実証試験を開始することになった。

INAXは、「保水セラミック」の実用化に向けて、都市部のビルの屋上などに敷設し、ゲリラ豪雨抑制やヒートアイランド緩和の効果を確認するための実証実験などにも取り組んでいる。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.