> > 三井化学東セロ マレーシアに太陽電池封止シートの新工場を新設

三井化学東セロ マレーシアに太陽電池封止シートの新工場を新設

記事を保存

三井化学の100%子会社である三井化学東セロ(MCTI)は、マレーシアにおいて、現地企業SCIENTEX社と共同で、太陽電池封止シート(ソーラーエバ™)の製造・販売を行う合弁会社を設立するとともに、工場を新設すると発表した。

新会社設立は2011年4月、新工場の稼働は2012年度上期を予定している。新会社の資本金は4500万マレーシアリンギット(約12億円)で、出資比率はMCTIとSCIENTEX社で50%ずつ。今回の設備増強により、MCTIにおける合計年産能力は約50000tとなる。MCTIでは、更なる増強も視野に入れ、伸長する需要を確実に取り込み、太陽電池封止材のグローバルリーダーとして地位を強化していく考えだ。

クリーンエネルギーとして注目されている太陽電池は、最大市場である欧州のほか、今後、日本・米国・中国などの市場でも伸長が期待されている。拡大する市場をターゲットに、アジアでは太陽電池メーカーの製造設備新増設が計画されており、これにより太陽電池の部材となる封止シートの需要も全世界で年率20%以上の成長が見込まれている。三井化学は、ソーラーエバ™を含む機能フィルム・シート事業を、景気変動の影響を受け難い「重点5事業」の一つとして位置付け、太陽光発電などの成長市場における積極投資と拡販、アジアでの拠点構築による供給力の拡大を積極的に進めていく方針を示している。今回の事業もその一環で行われる。

SCIENTEX社は、樹脂加工メーカーで、既にMCTIとJV(共同企業体)運営の実績がある。なお、合弁会社で製造された製品は、マレーシアに新たにMCTI100%出資の販売子会社を設立し、同社へ全量販売する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.