シャープ・新神戸電機 被災地へ太陽光発電システム250セットを寄贈

  • 印刷
  • 共有

シャープは、新神戸電機と共同で、「被災地向けソーラー発電システム」250セットを準備し、被災地へ寄贈すると発表した。防衛省の協力も得ながら、3月25日から順次、緊急避難場所での活用を目指す。

本システムは、シャープ製の太陽電池と、新神戸電機製の蓄電池、ACコンセントを組み合わせた独立型の太陽光発電システム。太陽光で発電した電力を用いて携帯電話の充電などに使用できる。特に、電力復旧の見通しがたたない地域での利用を目的としている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報