> > シャープ・新神戸電機 被災地へ太陽光発電システム250セットを寄贈

シャープ・新神戸電機 被災地へ太陽光発電システム250セットを寄贈

記事を保存

シャープは、新神戸電機と共同で、「被災地向けソーラー発電システム」250セットを準備し、被災地へ寄贈すると発表した。防衛省の協力も得ながら、3月25日から順次、緊急避難場所での活用を目指す。

本システムは、シャープ製の太陽電池と、新神戸電機製の蓄電池、ACコンセントを組み合わせた独立型の太陽光発電システム。太陽光で発電した電力を用いて携帯電話の充電などに使用できる。特に、電力復旧の見通しがたたない地域での利用を目的としている。

同社では、震災後、ソーラーによる発電システムの活用を検討してきた。今回、新神戸電機をはじめ関連企業の協力により本システムの製作が実現。また、「都道府県からの要請に基づいた防衛省の被災地に輸送する仕組み」の決定により被災地への物資輸送が可能となったことから、本支援の実施を決めた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.