> > 村田製作所 LED照明向けトータルソリューションの提供を開始

村田製作所 LED照明向けトータルソリューションの提供を開始

記事を保存

村田製作所は、LED照明システム向けの通信モジュール、電源モジュール、センサと、これらを制御するソフトウェアを開発した。天井の明るさは抑え、手元をデスクライトで明るくする照明手法「タスク・アンド・アンビエント照明システム」などへの組み込みが可能で、高い省エネ効果が期待できるのが特長。今後は、照明システム向けのソリューションの提供を開始し、モジュールやセンサ商品とソフトウェアをパッケージ化して販売することで、照明システム設計の容易化に貢献したい考えだ。今後、オフィスや家庭向けを中心に拡販していく。

今回開発されたサービスでは、人感センサを利用することで人を検知し、自動でON/OFFを切り替えることができるため、省エネが期待できる。また、通信モジュールと照明器具を近距離無線技術で接続することで、携帯電話などでの操作が可能なうえ、配線が不要なため施工が容易になる。同技術には、国際基準の規格である国際標準の「ZigBee®モジュール」を使用しており、省エネ性能も高いという。さらに、通信モジュールからの信号を受け取り、ON/OFF制御、調光・色調変更などを容易に行うことができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.