> > クボタ 中国に新たに水処理会社を設立し、売上1,000億円規模を目指す

クボタ 中国に新たに水処理会社を設立し、売上1,000億円規模を目指す

記事を保存

クボタは、今年4月、中国大手水処理エンジニアリング企業との合弁会社および独資による水処理会社2社を設立し、中国水処理市場に本格参入すると発表した。また、同社初の地域統括会社を中国に設立し、地域戦略の立案・実行と現地事業会社への経営支援を強化する。クボタグループの総合力を発揮する体制を構築し、既進出事業と水関連事業等の新規進出事業を合わせて、中国での売上を、早期に1000億円を超える水準まで拡大する考えだ。

合弁会社は安徽省に設立。資本金は約4.4億円で、出資比率はクボタが50.5%、合弁パートナーの安徽国禎社が49.5%。合弁会社では、クボタが保有する高度水処理技術であるMBR(膜分離活性汚泥法)技術のコア製品である膜装置の生産を行うとともに、安徽国禎社が保有する中国国内10ヵ所の営業拠点網と下水処理場の設計・調達・建設までのエンジニアリングノウハウを活用し、中国水処理事業の早期立ち上げを図る。

独資会社は上海に設立し、資本金は約8億円。主に合弁会社がカバーしない産業排水再利用や農村部環境対策としての水処理市場向けプラントエンジニアリングと機器の販売を行う。また、地域統括会社は、上海において3月に設立予定で、資本金は約60億円。クボタはこれまでに、中国おいて農業機械や小型建設機械の生産・拠点を設立し、事業を展開してきた。地域統括会社を設立後、現地事業会社を新会社の子会社とし、既進出事業についても事業拡大を加速させる。

中国では、人口増加や経済発展に伴い、水使用量増加による水不足と、生活・産業排水の放流による水質汚染が社会問題となっている。本年度から始まる中国第12次5ヵ年計画では、環境対策の柱として、水資源の有効利用や放流水質の改善を掲げている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.