> > ユニチカ CO2を原料とするバイオマス由来ポリ材料を開発

ユニチカ CO2を原料とするバイオマス由来ポリ材料を開発

記事を保存

ユニチカは、産業技術総合研究所(産総研)と共同で、CO2とジアミンからバイオマス由来ポリ尿素を製造する技術を開発した。

ひまし油や廃糖蜜など再生可能なバイオマス由来ジアミンを原料に用い、かつ、地球温暖化の原因とされるCO2の直接固定化にも貢献できる環境配慮型素材としてアピールしていく考えだ。また、バイオマス由来ポリ尿素は、耐熱性や機械物性などに優れるため、自動車用部品、電気・電子材料用部品、繊維、フィルムなど幅広い用途への展開が期待される。2014年までに製造技術を確立し、早期の実用化を図る。

近年、地球温暖化問題や石油資源枯渇問題に対応するために、石油資源由来のポリマー材料をバイオマス由来材料に置き換える取り組みの重要度が増している。ユニチカでは、バイオマス由来材料の開発を推進する中、CO2を直接固定化できる材料として、CO2とジアミンを原料に用いるポリ尿素に着目した。通常、両材料からポリ尿素を得るには高圧が必要なため、生産性やコスト面で実用化が難しかった。今回、同社は、産総研のコンパクト化学システム研究センター(宮城県仙台市)の協力を得て、重合方法・重合条件を工夫し、10MPa(約100気圧)以下の圧力でも高分子量で熱可塑性のバイオマス由来ポリ尿素を得ることに成功した。

なお、本開発はNEDOプロジェクトの平成21年度「化学品原料の転換・多様化を可能とする革新グリーン技術の開発」の助成を受けて行われた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.