> > フジクラ・ボーイング社 航空機向けダイレクトメタノール型燃料電池開発へ

フジクラ・ボーイング社 航空機向けダイレクトメタノール型燃料電池開発へ

記事を保存

フジクラは、米ボーイング社と、民間航空機に搭載するダイレクトメタノール型燃料電池(DMFC)の開発で提携すると発表した。

現在、民間航空機は補助電力装置(APU)によって電力供給されている。DMFC型燃料電池はこれを補い、さらなる電力の供給を行うとともに、CO2排出量の低減を実現する。また、機内の電源システムの軽量化により、ジェット燃料を削減し、環境性能の向上を図ることができる。両社は、2012年3月までに1kW出力モデルの試作を進め、その後、民間航空機に求められる長期信頼性試験に着手し、2015年の実用化を目指す。

DMFCは、メタノールを直接燃料として用いる燃料電池。フジクラはこれまで、携帯電話、ビデオカメラなどの小型・携帯型電子機器の充電用にDMFCを開発してきた。この研究開発では、世界トップクラスの出力密度(120mW/cm2)を達成した発電部の開発に成功。これをベースに、航空機用の小型・軽量なDMFCの開発を進めていく考えだ。

さらに、実績のある熱関連技術を応用し、DMFCの排熱を利用した温水供給システムの研究にも取り組んでいる。この温水供給システムは、民間航空機内では食事などの乗客サービスに利用する予定で、DMFCでは世界初の試みとなる。フジクラでは、DMFCを商用船や長距離バスの移動体のほか、災害発生時の緊急用電源、キャンピングカーなどへ順次展開していく予定だ。同社におけるDMFCの実用化開発は、NEDOの平成22年度イノベーション実用化助成事業の助成を受けて行われる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.