> > 日本製紙 海底浚渫土の活用法として、新たな土木材料を開発

日本製紙 海底浚渫土の活用法として、新たな土木材料を開発

記事を保存

日本製紙は、熊本大学・福岡建設と共同で、海底浚渫土とペーパースラッジ燃焼灰を混合造粒した新しい土木材料の開発に成功した。また、熊本港エリアにおいて、同材料を護岸に活用した干潟の環境改善に関する実証実験を行い、干潟の生物多様性の回復を確認したという。これにより、海域の浚渫土や堆積泥などの廃棄物の活用と、生物多様性の場の回復を図ることができる。今後は、干潟環境の回復だけでなく、海洋土木工事で幅広く使用できる土木材料として、さらなる用途開発を行う方針だ。

日本各地の港湾で行われる浚渫事業では、全国で年間2000万m3もの海底浚渫土が発生している。これらの土は軟弱な粘性土である場合が多く、主に海面の埋め立てにより処分されてきた。しかし近年、処分場の確保が難しくなっており、その有効利用法の検討が急がれている。また、内海や内湾などの閉鎖性海域では、自浄作用の衰退、長年にわたって蓄積した海底堆積物の泥化、嫌気化に伴う底質環境の悪化(ヘドロ化)などによって、生物の変化や種類、固体数の減少などが顕在化し、大きな問題となっている。

そこで日本製紙は、製紙工場で発生するペーパースラッジ燃焼灰が、吸水性に富み水分と反応して固まる性質に着目した。ペーパースラッジ燃焼灰は、紙の製造工程で生じる繊維かす(ペーパースラッジ)をボイラーで燃焼させて熱回収を行った後に残る灰。通常はセメント原料などに利用されるが、今回は、福岡建設と共同で、日本製紙八代工場のペーパースラッジ燃焼灰と水分の多い海底浚渫土を混練・造粒することにより、新規材料を開発した。

同材料を、熊本大学が熊本港エリアで取り組む、生物多様性の場である干潟なぎさ線の回復を目的とするエコテラス護岸に使用して実証試験を行ったところ、アサリの稚貝などの生物が多数発生し、生物多様性の回復に貢献できることが確認できたという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.