> > イオン・関西電力など 兵庫県のイオンSCの省エネ・CO2排出削減で協業

イオン・関西電力など 兵庫県のイオンSCの省エネ・CO2排出削減で協業

記事を保存

イオンと関西電力、イオンリテールは、イオンリテールが3月22日、兵庫県伊丹市にグランドオープンする「イオン伊丹昆陽ショッピングセンター」において、従来型ショッピングセンター(SC)に比べてCO2排出量30%削減を目指したプロジェクトで協業する。

本SCでは、国内商業施設で最大規模となる発電容量1160kWの太陽光発電システム(一般家庭約310軒分)を設置。空調システムは、オゾン層破壊係数と地球温暖化係数がともにゼロのアンモニア冷媒を利用したアンモニアチラーを国内商業施設として初めて導入し、関西電力の氷蓄熱システムとインバータターボ冷凍機を組み合わせた高効率なシステムを採用する。

また、初期設備投資の負担を軽減し、設備の最適運転によるエネルギーコストの低減やメンテナンスコストの平準化を行うサービスとして、関西電力グループの関電エネルギーソリューション(Kenes)が提供するユーティリティサービスを導入する。本SCにおける電気や熱・冷水などを供給する設備は、Kenesが設計・施工段階から関わり設備を保有。さらに、運転・保守・運用管理・BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)を活用したエネルギーマネジメントにより、省エネ・省CO2を推進する。本SCは延床面積あたりのCO2排出量が最も少ないSCを目指す。

イオンは、「イオン温暖化防止宣言」を策定し、2012年度にCO2排出総量を2006年度比で30%削減するという数値目標を掲げ、環境保全に配慮した「エコストア」の出店を進めている。本SCは11ヵ所目の「エコストア」となる。今回の取り組みは、「平成20年度第1回国土交通省住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に採択されている。また、本SCはCASBEE(建築物総合環境性能評価システム)においてもSランクの取得・認証を目標としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.