> > ソーラーフロンティア 世界最大規模の太陽電池工場を稼働、年産1GW体制へ

ソーラーフロンティア 世界最大規模の太陽電池工場を稼働、年産1GW体制へ

記事を保存

ソーラーフロンティアは、世界最大規模の太陽電池工場として、建設を進めていた宮崎第3工場(国富工場)が、2月より一部生産ラインの稼働を開始したと発表した。

国富工場の生産能力は年間900MW。今後段階的に国富工場の装置を稼働させ、2011年7月にはフル生産体制とする予定。これにより、既に稼働中の宮崎第1工場と宮崎第2工場を合わせて年産約1GWのCIS薄膜太陽電池の生産体制を整備し、世界市場に向けて順次出荷を開始する。投資額は約1000億円。同工場で生産するCIS薄膜太陽電池は、日本および欧州の機関が発行する性能・安全に関する認証を取得しており、近日中に米国機関による認証についても取得できる見込み。

国富工場では、既に稼働している宮崎第2工場に比べ、装置の大型化・自動化やモジュール面積の大型化により生産効率を高めた。国富工場で生産するCIS薄膜太陽電池(1257×977×35mm)は、宮崎第2工場で生産するCIS薄膜太陽電池(1235×671×35mm)の1.48倍に大型化した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.