> > JR東日本 環境配慮型の駅「エコステ」第一弾として四ッ谷駅を改修

JR東日本 環境配慮型の駅「エコステ」第一弾として四ッ谷駅を改修

記事を保存

JR東日本は、省エネルギー・再生可能エネルギーなど、さまざまな環境保全技術を導入する取り組み「エコステ」のモデル駅第一弾として、2011年春から中央線四ッ谷駅の改良工事を開始する。

エコステは、「省エネ」「創エネ」「エコ実感」「環境調和」の4つを柱に環境に配慮した取り組みを行うもの。同駅では、省エネ設備の導入、駅社員による積極的な省エネへの取り組みなどにより、CO2排出量を2008年度比で40%、年間189tの削減できる見込み。完成は2011年度内の予定。同社は、今後も順次エコステを推進する予定で、現在、京葉線海浜幕張駅での取り組みも検討している。

具体的には、省エネ対策として、照明スイッチの範囲の区分変更や電力量計の設置、ホームやコンコースへのLED照明の導入、電気掲示器、車掌用ITV(モニター装置)のLED化などを実施する。また、創エネとして、駅舎の屋上に50kWの太陽光発電システムを設置。エコ実感の取り組みとしては、エコ情報表示板の設置や駅出口付近への保水性舗装の設置による歩行者空間での熱環境の改善を実施。さらに、環境調和の取り組みとして、駅舎屋上へのポケットパーク(小公園)の設置、ホームの屋根や擁壁の緑化を実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.