> > 東芝 米国で揚水発電所向け発電設備を受注、世界最大の水車を納入

東芝 米国で揚水発電所向け発電設備を受注、世界最大の水車を納入

記事を保存

東芝は、米国ミシガン州にあるミシガン湖のラディントン揚水発電所向けに、発電設備の更新工事を受注したと発表した。

今回受注したのは、31.2万kW級ポンプ水車と発電電動機6セットの主要機器・周辺装置の更新工事。水車は揚水発電所向けとしては世界トップクラスで、重量は約260t、直径は約8.4m。受注金額は約5億米ドル(約410億円)。2013年6月から納入を開始し、2019年中には工事を完了する予定。本更新契約は、米国現地法人である東芝インターナショナル米国社(TIC米)が、コンシューマーズ・エナジー社及びデトロイト・エジソン社と締結した。機器の据付工事は米国の現地法人であるハイドロパワーサービス社(HPS社)が行う。

ラディントン揚水発電所は、夜間など電力需要の少ない時間帯に余剰電力を利用して揚水し、昼間など電力需要が大きくなる時間帯にミシガン湖に水を落として発電している。今回更新する設備は、1969年から1973年にかけて設置されたもの。同社は最新の水車模型設備や解析技術を用い、更新する水車の形状を最適化し、出力を約5万kW向上させ、1セットあたり定格運転時で36万kW以上の出力を実現した。

米国では、電力需要のピーク時などに効率良く発電できる揚水発電へのニーズが高まっており、現在、機器の更新・新設合わせて米国で約30ヵ所、発電容量で20GW相当の計画がある。同社は、揚水発電所向けを含む米国向け水力発電の事業を強化するとともに、中国やインド、南米などでの水力発電の事業拡大を図っている。なお、今回納入する製品の開発は京浜事業所で行い、製造は当社と当社の中国の現地法人である東芝水電設備(杭州)で分担して製作する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.