> > ノーリツ 太陽光発電システムを発売し、給湯器も含め光熱費を「見える化」

ノーリツ 太陽光発電システムを発売し、給湯器も含め光熱費を「見える化」

記事を保存

ノーリツ 太陽光発電システム「PVMDシリーズ」ノーリツは、住宅用の多結晶モジュールとして、標準タイプで業界トップクラスの変換効率14.1%を実現した新製品「PVMDシリーズ」を4月1日から発売する。

本システムは、高機能モニタ(リモコン)の搭載により、「エコジョーズ」「エコフィール」などの高効率給湯器と組み合わせた場合、発電量や売電量、電気の使用量だけでなく、ガス・灯油使用量や給湯量などを表示することができる。また、前年同月比での電気料金、ガス料金などの節約状況や、月間、年間の光熱費の表示も可能。高効率給湯器とあわせてのエネルギーの「見える化」は、業界では初となる。

同社では、太陽光発電システムと高効率ガス給湯器「エコジョーズ」を併用すると、従来型のガス給湯器だけを使用する場合に比べて、年間で約12万6000円の光熱費を削減できると試算している。全国30ヵ所のショールームで太陽光発電システムを展示するとともに、施工認定制度を創設、施工体制やアフターサービス体制を整備し、高効率給湯器とセットでの本システムの販売に注力する。

今回、様々な屋根形状や限られた設置スペースに効率よく設置できるように、4種類の太陽電池モジュールをラインナップした。希望小売価格(税込・工事費別)は、長方形の標準モジュール(公称最大出力190W)が11万3400円、正方形の寄棟用標準モジュール(同143W)が9万7650円、左右の寄棟用台形モジュール(同131W)が各9万6600円。太陽電池モジュールの生産は、加古川工場(兵庫県加古川市)で3月29日から開始する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.