> > カーボンゼロ四国 徳島の遊覧船運行によるCO2排出をオフセット

カーボンゼロ四国 徳島の遊覧船運行によるCO2排出をオフセット

記事を保存

カーボンゼロ四国とNPO法人新町川を守る会は、「徳島ひょうたん島無料遊覧船」のイベントで排出されるCO21トンを、四国の国内クレジットを利用してオフセットした。

同イベントは、徳島県徳島市の中心部にある中州(ひょうたん島)を一周する遊覧船のイベント。オフセット対象期間は2010年12月1日~25日。遊覧船運行によって消費される軽油の量(前年実績値)をもとに、カーボンフリーコンサルティングがCO2排出量を算出した。利用した国内クレジットは、サイプレス・スナダヤ(愛媛県西条市)の製材工場における空調設備の燃料転換(重油→木質バイオマス)によって創出されたもので、昨年の3月26日に国内クレジット認証委員会の認証を受けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.