> > 大阪ガス・積水ハウス 「スマートエネルギーハウス」の居住実験を開始

大阪ガス・積水ハウス 「スマートエネルギーハウス」の居住実験を開始

記事を保存

大阪ガスは積水ハウスと共同で、電気と熱を効率的にマネジメントすることで快適な暮らしと省エネを両立できる「スマートエネルギーハウス」の実現を目指し、3年間の居住実験を開始する。

同実験は、奈良県北葛城郡にある軽量鉄骨造2階建の住宅で実施。燃料電池、太陽電池、リチウムイオン蓄電池の3電池を搭載した住宅での3年間の居住実験は国内初だという。住宅に加え、居住者が利用する電気自動車(EV)まで含めたCO2排出量ゼロの実現を目指す。両社は、同実験を通じて、2015年までに実用レベルでの管理・制御技術の開発を完了させたい考えだ。

「スマートエネルギーハウス」は、天然ガスを利用して発電し、同時に発生する熱も有効利用できる家庭用コージェネレーションシステムと太陽電池を組み合わせた「W(ダブル)発電」に、さらに蓄電池を組み合わせたエコ住宅。両社は、2009年度に経済産業省委託事業である「スマートハウス実証プロジェクト」に参加し、3電池を最適制御し、居住者の省エネ行動を促進する省エネシステムの実現性を確認した。今回の実験は、実居住環境下における省エネ効果および居住者の快適性・利便性の向上の検証を目的としたもの。

具体的な実験内容としては、まず、3電池の最適制御を行った際の省エネルギー効果を検証する。また、定置型蓄電池の代替としてEVの蓄電池を利用した場合の効果を検証、その後実居住条件下での省エネ効果についても検証する。さらに、家電機器や給湯設備・自動制御設備などの管理・制御、エネルギーの見える化と省エネアドバイスをHEMSにより行い、居住者の省エネ行動促進効果の検証も行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.