> > 京セラ チェコに太陽電池モジュールの第2工場を建設、生産能力2.8倍へ

京セラ チェコに太陽電池モジュールの第2工場を建設、生産能力2.8倍へ

記事を保存

京セラ チェコに建設予定の太陽電池モジュールの第2工場完成予想図京セラは、欧州の生産拠点である京セラソーラーヨーロッパのチェコ工場に、太陽電池モジュールの第2工場を建設する。第2工場の年間生産能力は360MW。第1工場と合わせると、最終的には、同社太陽電池モジュールの生産拠点として世界最大の年間生産能力560MWとなる。第2工場の建設は昨年11月に着工し、2011年秋に竣工後、順次稼働する予定。

チェコ工場は2005年10月の開工で、世界最大といわれる欧州市場などに太陽電池モジュールを供給してきた。これまでに、スペインの大規模太陽光発電所3ヵ所(合計53.1MW)などへの供給実績を有する。

また、1月21日、同社の中国天津にある太陽電池モジュールの生産拠点において、新工場が竣工した。今後、既存工場の生産機能を順次新工場に移管する。今春の全面移管後は、現在の約3.5倍となる年間生産能力360MWの体制となる。同社は、2003年に、日本企業として初めて、中国での太陽電池モジュールの生産を開始。現在、世界5拠点で太陽電池の生産を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.