> > 東京電力など 冷凍トラックの環境負荷を低減する給電システムを検証

東京電力など 冷凍トラックの環境負荷を低減する給電システムを検証

記事を保存

中部電力と東京電力は、ニチレイグループのロジスティクス・ネットワークと協力し、冷凍トラックの待機中に給電システム「外部電源式冷凍トラック用アイドリングストップ給電システム」を利用することによる環境負荷の軽減効果や課題について検証を行う。同システムにより、冷凍トラック待機中に使用するガソリンを削減し、冷凍に必要なエネルギーを給電によって賄う。

3社は、1月18日、「冷凍トラック用アイドリングストップ給電システム導入に関する協定」を締結。検証期間は、2011年4月~2014年3月の3年間だ。なお、本検証に伴う2基の給電システム(冷凍トラック4台分)導入によるCO2排出量の年間削減効果は、約35トン(一般家庭7世帯の年間CO2排出量に相当)を見込んでいる。

具体的には、中部電力と東京電力の2社が、今年3月末までにロジスティクス・ネットワークの春日物流センターと船橋物流センターに給電システムを各1基設置。待機中の冷凍トラックの荷室冷凍に活用することにより、CO2排出量の低減、輸送会社の燃料(軽油)コストの削減、騒音低減による運転手の労働環境改善、および近隣への騒音改善などに関する効果と課題を検証する。また、利用状況を分析し、給電システム設置場所の適否や、給電システムの稼働率の向上策等について検証していく。

給電システムの利用料金は、基本料金が1050円/月(認証カード1枚)、使用時の料金が36円/kWh。料金は後日清算・請求される。これにより、トラック1台あたりのCO2排出量が70%削減され、燃料コストは年間約13万円軽減される見込み(1日6時間、年間250日の利用)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.