> > 双日 ナミビア初の風力発電事業に参画し、44MWの発電所を建設

双日 ナミビア初の風力発電事業に参画し、44MWの発電所を建設

記事を保存

双日は、ナミビアのUAGと韓国のKOMIPOとの間で、ナミビア初となる風力発電事業の推進について協業すると発表した。アフリカのサブサハラで日本企業がIPP(独立系発電事業者)事業に参画するのも初という。

風力発電所は、ナミビア南西のルードリッツに建設予定で、発電容量は44MW、総事業費は約1億5000万ドルを見込んでいる。今後、詳細な風況調査を実施し、2011年上半期にナミビア国営電力会社との間で長期売電契約を締結、2013年に操業を開始する予定。また、第2期として90MWまで発電容量を拡張することが検討されている。

ナミビアは、近年レアアースの埋蔵で注目を集め、海外からの開発や投資が活発化している。しかし、国内電力需要の過半を、南アフリカなど近隣諸国からの比較的安価な電力輸入に依存しているのが現状だ。一方、同地域の電力需要増大により、今後は電力価格の大幅値上げが予定されていることから、ナミビアは自前の発電能力増強を政策として掲げている。また、環境負荷の少ない再生可能エネルギーの導入にも取り組んでおり、ルードリッツの風力発電事業が有望なプロジェクトとして位置付けられている。

UAGは、ナミビアでウランや天然ガスなどの資源開発や不動産・ホテル運営など幅広い事業を展開する事業会社で、2007年から風力発電事業に着手している。双日は、同社が持つノウハウやネットワークを生かし、発電事業のみならずインフラ開発をはじめとした新規ビジネスに取り組んでいきたい考えだ。

KOMIPOは、韓国電力公社の100%子会社で、火力・風力・潮力などの発電事業およびメンテナンスやコンサルト業務に携わっており、アフリカでの発電事業開発に積極的に取り組んでいる。双日はKOMIPOとアフリカでの発電事業推進について戦略的提携を結んでおり、ナミビア以外でも協業を進めていく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.